2018年1月21日日曜日

自宅でのギター生活が変わります〜KATANA-AIRレビュー

ご無沙汰しています。もう、明けましておめでとうございます、でもないですね。プライベートなことも含めていろいろとご報告したいこともあるのですが、今回は個人的にも期待の新製品が発売されるのでご紹介したいと思います。

KATANA-AIR登場!!

BOSSから画期的なギターアンプが発表になりました。

KATANAシリーズはマルチ・エフェクターを内蔵したギターアンプ。ライブでも使える大型のスタック・タイプから廉価な50W仕様のものまで多彩なラインナップを揃っています。今回、発表になった「KATANA-AIR」は自宅用の小型アンプなのですが、何と言ってもワイヤレス・システムを内蔵している点に注目してください。



これまでのギター用ワイヤレス

僕にとってもワイヤレスでギターを弾くことはライブでは当たり前のこと。ソロを弾くためにフロントに出たり、ステージ(客席も?)を駆け回ったりするためには絶対に必要なツールでした。



だから、「自宅でワイヤレス」という今回の製品の話を伺った時も、何となく予想できるような気になっていました。しかし!実際に使ってみると、その便利さに目から鱗が落ちました。「自宅でこそワイヤレス!!」です。

KATANA-AIRのトランスミッター

ライブで使用するようなトランスミッターは比較的大型なので、ストラップに付けて使いますが、KATANA-AIRのトランスミッターは大きさは1/3程度、重量もわずか43g。ギターのジャックに直接プラグインして使用します。通常のワイヤレス・システムで必要なレシーバーはKATANA-AIRに内蔵されています。



トランスミッター自体の電源は、内蔵された充電式リチウム・イオン電池を使います。電源のON/OFFスイッチは搭載されおらず、一定の時間に信号が入力されないと自動的に電源が切れるようになっています。ギター・スタンドなどに放置していても大丈夫というわけです。じゃあ、また弾きたくなったらどうするか?ギターを持つと振動に反応して自動的に電源が入るのです。

一日中プレイしていても、バッテリーが切れるなんてこともありません(スペック的には12時間位もつとのこと)。夜寝る前にトランスミッターを本体のスロットに挿しておくだけで翌日の朝には充電が完了しています。



ギターを持ち替えたい場合はトランスミッターを別のギターに差しかえればOK。通常のケーブルの差しかえを行う場合、アンプ側のボリュームを下げておかないと、「バス!ブー!!」と激しくノイズが出ますよね。KATANA-AIRの場合はプラグをギターから引き抜くと、これまた自動で音がミュートされます(マニュアルには音量を下げるように記載されていますが、今回試した感じでは大きな問題はなさそうです)。手持ちの楽器を並べ、次々に持ち替えながらのプレイが、ケーブルを使うよりも簡単に行えます。

自宅でエレキを弾く時って、ケーブルがジャマになるでしょう?机の足に絡まったり、イスのキャスターでケーブルを踏んでしまったり、足を引っ掛けて危なくギターを倒しそうになったり…などなど、トラブルが頻発します。こんなことからも解放されることになります。自宅でのリラックス・タイム。弾きたくなったら手に持ってすぐに演奏できる、そんなアコギ感覚でエレキを弾ける環境が手に入ります。

レーテンシーは?

この製品のワイヤレス・トランスミッターはBluetooth方式ではありません。従って、音の遅れ(=レーテンシー)も全く気になりません。現在のBluetoothのレーテンシーは楽器用として使うにはかなり問題があります。僕もSONYのBluetoothヘッドホンを持っていますが、楽器演奏用のモニターとしては使えないと感じています。KATANA-AMPのBluetoothはiPhoneなどからのオーディオを受信するために使います。CD音源やYouTubeなどのオーディオに合わせてギターを弾くことができます。こちらの音質もなかなかのものですよ。

追記(1/23):Bluetoothでスマホを接続して、ワイヤレスで音色をエディットできるアプリも配布される、ということを書き忘れてました。失礼しました。



アンプ自体のサウンドは?

KATANA-AIRは便利なだけの製品ではありません。クリーン〜クランチ、ハイゲイン系〜ヴィンテージ・マーシャル的な「BROWN」まで、多彩なバリエーションを誇ります。サウンド自体も、Hi-Fiなスピーカーをモデリング・アンプで鳴らす感じでは無く、ちゃんとギターアンプのサウンドになっています。つまり、デスクトップに置いてスピーカーに向かって弾くよりも、少し離れた場所で、場合によっては背中側に置いても楽しくプレイできるようなサウンドです。MASTERを上げると、防音設備がないとヤバいくらいの大音量になります。

クランチや歪み系アンプを内蔵の歪み系でブーストしたり、コーラスやリバーブなどのステレオ・エフェクターで搭載されている2基のスピーカーを鳴らしたりなど、サウンド・メイキングも自由自在に行えます。「BOSS TONE STUDIO 」にも対応するので、エディターで音を作ったり、パソコンに音色を保存したりも可能です(本体にも6パッチのメモリーが可能)




さて、どこに置きましょうか?

KATANA-AIR本体はバッテリーでもACアダプター給電でも動作します。ユーザーの環境に合わせてどこででも使えるアンプですが、リビングや書斎の空いているスペースにポン置きすれば、いつでも気軽にエレキギターを楽しめると思います。僕も自宅にこれがやってきてから、圧倒的にプレイする時間が増えました。ソファーにゆったりと座って弾くも良し、ノリノリで踊りながらのプレイも盛り上がりそう。この楽しさを知ってしまうと手放せなくなってしまう、そんな画期的な製品です。


-------------------------------------------

ちょっと興奮気味に書いてしまいましたが、個人的にもホントに欲しい製品です。是非、お試しください。そして、今週からはアメリカでNAMM SHOWが開催されます。どんな製品が登場するでしょうか?こちらも楽しみですね。

3 件のコメント:

  1. こちらの商品が気になり、このブログに来ました。
    Bluetooth搭載となっていますが、bluetoothイヤホンとの接続も可能なのでしょうか?
    もしわかりましたら教えて下さい!

    返信削除
    返信
    1. Bluetoothのイヤホンや外部スピーカーは接続できません。当機ではスマホのBTS(エディター)を使うためにBluetoothを使用します。というか、現在のBluetoothの仕様は音の遅れがあるので、楽器演奏には向かないと思われます。

      削除
    2. 追記です。スマホ内蔵の音源(曲)をBluetoothで鳴らすこともできます。失礼致しました。

      削除